スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
忘れられた花と人形の館/青木祐子
忘れられた花と人形の館―霧の街のミルカ (コバルト文庫 あ 16-22)
時は二十世紀、場所は霧の町ロンドン。
資産家の令嬢キャロラインの話し相手として雇われたミルカ。
彼女の婚約相手ロイドの束縛は、度を過ぎて監視にも似て。

久しぶりの少女小説(笑)
やっぱ好きよ~。
貴族、ドレス、恋。
この世界!

ミルカは元気で可愛く。
彼女のボス、オシアンとの関係性にも注目して、次回作を待つ。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/10/05 20:23】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<がらくた/江國香織 | ホーム | Seaごはん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/993-4732d467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。