スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
百鼠/吉田篤弘
百鼠百鼠
(2005/01)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

 叔母さんは常に過激と言っていい情熱を隠し持ちながら、常に質素に淡々と、毎日、同じひとつのパンを焼くように日々を送っていた。
 「日記に書いてあることが全てじゃないわよ。書いていないことの方がよっぽど多いんだから」


短編集。
表題作の「百鼠」はかなり不思議な話で、私はとっても好きです。
作家で、物語が降りてくるとか、何かの力がペンを走らせたとか言う人がある。
それは、百鼠という存在がまさにその作家に物語を書かせているのである。

思いもよらない世界。
そこに息づく設定にわくわくした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/23 21:32】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<78/吉田篤弘 | ホーム | アクロス・ザ・ユニバース/映画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/921-74838b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。