スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
図書館の神様/瀬尾まいこ
図書館の神様図書館の神様
(2003/12/18)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

高校時代バレーボールにすべてを捧げていた清。
大敗した試合の後のミーティングで責めた仲間が、その夜自殺してしまう。
世間の冷たい視線を避けるように、都会を去り海の見える田舎大学に通い始める。
ケーキ教室で出会った講師、浅見と道ならぬ恋に落ちる。
バレーボールを諦めきれない清は、関わるために高校の講師になる。
が、顧問になれたのはなぜか部員1名の文芸部だった。

主人公のいい加減さにイラつきつつ。
こんなのが先生?!と思うようないい加減さだし。
浅見との不倫も腹が立つし。
合理的でない恋愛・・・なんでそういうのに甘んじるんでしょう。
まったく不幸なのに抜けられないものなのか。
分かるような分かりたくないような。
結局、浅見の自宅に夜中電話をつい掛けてしまった清が、邪険な言葉を投げかけられようやく目を覚まして清算する。
そして、いい加減だった教師の仕事にも、生徒と触れ合ううち前向きに打ち込むようになっていく。

文芸部の垣内くんは、なかなかのキャラクター。
この子はかなり気に入った(笑)
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/16 20:34】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<雪屋のロッスさん/いしいしんじ | ホーム | しずく/西加奈子>>
コメント
NoTitle
垣内くんがとてもよかったです。

トラックバックさせていただきました。
【2009/09/07 18:22】 URL | 藍色 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/900-a1e7b6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
図書館の神様 瀬尾まいこ
思い描いていた夢をあきらめて赴任した高校で、私は文芸部の顧問になった。 清く正しくまっすぐな青春を送ってきた私には、思いがけないこと... 粋な提案【2009/09/07 18:16】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。