スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
きつねのはなし/森見登美彦
きつねのはなしきつねのはなし
(2006/10/28)
森見 登美彦

商品詳細を見る

連作短編集。
幻想的なお話。

森見登美彦さんは、「四畳半神話体系」「太陽の塔」を読んだことがある。
どちらもヘンな話で・・・未読の本についてもヘンな話っぽい(笑)

だけど、そういうイメージとはまったく違う話で面白かった。

骨董品であるとか、祖父の話であるとか。
古いものにまつわる空気が感じられていい。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/08/08 08:37】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<ポーニョ ポーニョ ポニョ♪ | ホーム | 水銀虫/朱川湊人>>
コメント
NO TITLE
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックまとめてお待ちしていますね。
【2009/08/03 05:03】 URL | 藍色 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/879-15f9bd0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
きつねのはなし 森見登美彦
薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。仄暗い空間で囁かれた奇妙な取引。 京の骨董店をめぐる奇譚集。 どれも怪しくて怖いお話でした。京都の街... 粋な提案【2009/08/03 04:49】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。