スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
赤々煉恋/朱川湊人
赤々煉恋赤々煉恋
(2006/07/10)
朱川 湊人

商品詳細を見る

短編集。
オトナです。
朱川さん、書き上げるとまず子供たちに読ませてみるそうですが・・・これは読ませらんないんじゃ?とか思ってしまった。

「死体写真師」
若くして病死した妹の姿を、いつまでもこの世にとどめておきたい。
死体をまるで眠っているだけのように撮る。
そんな技術を持った写真家を擁する葬儀社に依頼した、恐るべき代償とは。

「レイニー・エレーン」
佐原が出会い系サイトで知り合った女。
彼女がホテルで語りだした、都市伝説「レイニー・エレーン」。
雨の日になると現れるという殺されたはずの娼婦。
佐原は、その人物の15年前の姿を知っていた。

「アタシの、いちばん、ほしいもの」
高校生の「アタシ」。
いつものように、学校へはまっすぐに行かないで、ぶらぶらと街を歩く。
「アタシ」には奇妙なモノが見える。
アメンボみたいな姿をした虫人間。
そいつに取り付かれた人間は必ず死んでしまうのだ。

「私はフランセス」
両腕のない女性を愛する男。
フランセスという名の女優の写真を映像を愛している。
両腕をもつ恋人に、正直なあまり「君を好きだが魂で繋がっているのはフランセスしかない」と告げる。
嫉妬に苛まれる彼の恋人が取った選択とは。

「いつか、静かの海に」
克也が出会った訳ありげな男、曾根。
彼の家には、彼が「お姫さま」と呼んで大切に世話をしている女性がいた。
彼女に隠された秘密とは。

どの話もむちゃくちゃ不気味。

「私はフランセス」が結構好き。
究極の愛?
恋人にそう言われたら、そりゃそう思いつめるよね。
愛の形は人それぞれだし。まぁそういうのもあるのかな。
ちょっとこれは行き過ぎだけど;
愛する人の願いを叶えたいって気持ちはね、わかる気がする。
だから、すっごく切ない話。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2008/07/22 00:06】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<失われた町/三崎亜記 | ホーム | カタブツ/沢村凜>>
コメント
No title
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
【2010/05/04 02:17】 URL | 藍色 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/834-a64df1b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
赤々煉恋 朱川湊人
炎のように何かに身を焦がし、切望する者たちの行く末は。 様々な愛の形を綴った、切なさと悲しさの溢れる五つの物語。 人間の欲望を赤裸々... 粋な提案【2010/05/04 01:54】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。