スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
期待のシネマ
20080308170628
今日はライラの冒険を観て来た。
観る前に原作を読んでおこうと思い、「黄金の羅針盤・上」を読み始めたのだけど…
半分ぐらいで断念。
訳の仕方でまた違ってくるかもしれない、映像の力で面白いかもしれない。

と思いきや。

クマは素敵だった。
命ともいえる鎧を人間に奪われ、自暴自棄になるクマを叱咤しつつも、我が身を振り返ってみれば、自分の魂の姿であるダイモンをもし奪われたら…と同情して「つらかったのね」と言うライラにジーンときた。

だけど、人死にが多すぎて。
戦争。
自由を勝ち取るための。

お題目は何であれ、当たり前のように命が奪われる描写はどうもね。
死は、ダイモンの消滅でもあり、消える一瞬に黄金の塵となって舞い上がる。
それは、いっそ幻想的で。
でもなぁ。
死が美しいもの、のように感じてしまう。
失われる命の重さが霞んでしまう。

もっと平和的な、愛・勇気・友情!的物語を想像してたから。

今いちばんの楽しみは、大好きな「相棒・劇場版」!
おまけつき前売りとかあるのかなー。
右京さんグッズだったら手に入れたい!
スポンサーサイト
【2008/03/08 17:06】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まだ失くしてない | ホーム | 好きなサウンド>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/713-ecc5a2c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。