スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最初の祝福
恒例の24時間テレビ。
寝る間際まで見てたドラマ、はなちゃんのみそ汁(合ってる?
次の日の朝が早いの分かってたので、先が気になりつつも途中までしか見なかったけど…。
結局いろいろ考えてしまって寝れなかったので、じゃあ最後まで見とけば…と思わなくもない(笑)




はなちゃんが誕生したシーン。
父母と、その両親。
大勢に囲まれて、心からの祝福を受ける。



あぁ、人はこうして望まれて、その幸福を願われてこの世に生を受けるのだな。



私は第一子だったこともあって、その喜びは想像に余りある。
期待を一身に受けて…。



父の死から6年が経とうとしている今も、その死に際しての後悔の念が癒えない。
もう少しやりようがあったんじゃないか、結局、望みを叶えることなく逝かせてしまった…。



そして、最大の後悔は自分自身のありよう。



世間一般に分かりやすい、女性としての幸せ。
良き伴侶を得、子を授かる。
そんな気配を微塵も感じさせないまま…。
今思うと、それで良かったのか。自分自身は自由を満喫して幸せではあるけれど。



生まれてきた時、きっと父は、私にいつか訪れるであろう幸福をも含め希望を見たに違いないのだ。



私は悪い娘で、家にいつかなくて、反抗期をいつまでも引きずっているような扱いに困る娘だった。



こんなことになるなんてなぁ…。
まさか、で…。



だけど生きていくしかないのよね。自分の信じる生き方で。
後悔はつきまとっても。



せめて出来ることは、恥じない生き方をするってこと。
真面目だった父に恥じないような…。



久しぶりに泣きながら寝た。
全然癒えない。後悔が深すぎて。きっと一生忘れられない。



今の自分を変えて、新しい生活を得ることも考えたけど、焦ると足元見られてろくなの寄ってこないと分かったので^^;



それはもうどうにもならないねw
縁ですから(笑)
父には申し訳ないですが(-ω-;)
スポンサーサイト
【2014/08/31 07:00】 | *うたかた* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏の終わり | ホーム | アイム・モスキート・スナイパー(耳元を飛ぶな、命がないぞ)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/2079-c0a253f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。