スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
運命の共有者たれ
服を選ぶ。
それに合わせた頭もの(HAT、カチュ、ヘアバンド)を選ぶ。



そして連れてく本を選ぶ。



これが大変。



服は見た感じで、そのままイメージだけど。
本は中身が読んでみなきゃわからない。



表紙、タイトル、作者…
これだけじゃ面白いかどうかはわからない。



気分じゃないコを連れていったら大変。



パラパラめくって拾い読み。
たくさんの中から吟味する。



今日は連峰の、最初のほうに出来た山のなかから。
「吾輩は猫である」。



読んでないのが不思議。
一応、一般の人より本を読むほうだ、と自負していながら恥ずかしい。
読んだ気になっちゃう。
あまりにも人口に膾炙していて(というのはいいわけ)。



それにしても、積ん読山の連峰をたずね歩くとき、太古の山は魅力が半減しているのはなぜだろう。
買ったときは、すごく新鮮な気持ちで、面白そう!この本が私を読んだ!と思ったはずなのに…



鉄は熱いうちに打たなきゃ。
スポンサーサイト
【2012/08/11 10:05】 | *うたかた* | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Seaの夏! | ホーム | だんごっだんごっだんごっ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/1889-d0f5ba9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。