スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
およそ3
科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)科学的とはどういう意味か (幻冬舎新書)
(2011/06/29)
森博嗣

商品詳細を見る




正三角形6つでできる六角形の角をとる円を思い浮かべれば、円周率がおよそ3と納得いくだろう。

…???
ぜんっぜん分からない。

そんな私は完全に文系。

思えば自分のつまづきは、かなり早かった。
分数の計算ぐらいでもうチンプンカンプン。
親にどこが分からないのか聞かれても、分からないところがが分からない、と答えるしかなくて、かなり困惑させた。

自分の限界は、自分が作る。

「そういう難しいことわかんない。
で?
結論だけ分かるようにお願いします」

そういうのは逃避なんだと。

そうだよなぁー。
分からないって決めつけて、考えもしないで遠ざける。
そうして自分の可能性を自分でつぶす。

時間をかけて取り組んだら、分かることかもしれない。

円周率と六角形は、調べて理解した。
初めて、およそ3(自分の時代はもちろん3.14…)を実感した。
詰め込み学習で、字面だけ追ってた。
今の今までまったく理解してなかったのだった。
恥ずかしい…。

ほほう。
世界ってこうやって出来てるんだ(おおげさか?)
って入り口が見えた気がする。
スポンサーサイト
【2012/01/19 23:33】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今期初のバーゲン品 | ホーム | 好きすぎる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/1702-c68f1ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。