スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
一秒に地球を7周半
流行りの歌とか全然知らない。
で、昔好きだった歌を順繰りに歌う。
今気に入ってるのはチェッカーズの何かのカップリング曲。
タイトル忘れた。

歌詞は、宇宙に暮らす男の人が、数年振りに恋人の住む地球に戻れる喜びをうたったもの。

♪もうすぐデートできるね
♪地球時間だと3年振りだよ
(略)
♪7万光年の彼方へ恋人に会いに行く
♪地球まで地球まで
♪光より早く

ありえねー
…って昔は素直に受け止めてたんだけども。

まぁ仮に、宇宙旅行や移住やらが当たり前の世の中になったとして。
7万光年を3年間で往復するなんてありえない。
光で7万年かかるんでしょ。
光のスピードを超えることは決して出来ないのに。

でももしかしたら、目に見えない多次元世界を利用して、ワープ航法とか出来るようになったりして?
巨大な質量は時空を曲げるから、人工的に応用して…でも巨大な質量はブラックホール化する危険もありそうだ。

あたしごときの頭では、いろいろ間違った想像もしてるんだろうけど。
世界に物語を付与するのが、あたしの世界の理解のしかただからしょーがない。

とか、いろんなこと考えながら歌っている。

面白いよ、相対性理論。
勿論、数式なんかさっぱりだけど。
もっと早く面白さに気付いていたら、物理学の道に入ってたかも?
とはいえ、人には向き不向きがあるけども。
短大入試で好きな英語の道に進もうとして、挫折してるし…
そんで結局、国文に進んで、やっぱり今のあたしを考えれば、その道が正しかったんだと思えるし。

ところでしかし、地球の最期が来るまでに、人類は宇宙進出を出来るんだろうか。
色んな危機があるけれど。
太陽が爆発するのか、月が地球から離れるのか、天の川銀河がアンドロメダ銀河と衝突するのか…

永遠だと思っていたものが、実は永遠でなかった。
それが真理。

でも光には永遠を感じる。
この世界の法則に決して縛られることのない、不思議な性質の光。

世界って奇妙で面白い。
スポンサーサイト
【2011/03/07 18:23】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<レーズンサンド | ホーム | いずみのほとり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/1529-876fc7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。