スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ふぅわりふわり

「清水へ祇園をよぎる桜月夜今宵会う人みな美しき」

与謝野晶子の短歌。
かーなーり季節外れだけど…

美しい歌。
これ以上のいい景色ってあるだろうか。
…見たことはないので想像だけど。
京都の桜の季節、月も朧に地を照らす。
祇園なら舞妓さんの姿も見えるかもしれない。

夢みたいな柔らかな優しい景色。

それだけでなく、心を弾ませるようなことがあるんだろう。
会う人がみなキラキラと美しく幸せそうに見える、というのは。
見える風景って、心を映し出すと思う。

嬉しいことがあって、ふと口からこぼれ出た歌です。
スポンサーサイト
【2010/11/02 12:30】 | ロンドン五輪以前 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<冬支度が気になります | ホーム | ハロウィン終了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://chirinureba.blog19.fc2.com/tb.php/1452-e9c0aa17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。